南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

【8月9日、23日、24日、9月8日募集】きりこプロジェクト

【8月9日、23日、24日、9月8日募集】きりこプロジェクト

震災前のまちの姿、人々のくらしや思い出、亡くなった方々の思い出を語り継ぐ。みんなで作り、みんなで飾った切り紙を通して、静かに思い出に向き合う時間を創りだす。

 きりこを作り、町内に飾る 

2010年に町の女性たちが志津川地区で家々を訪ね、宝物や思い出、生業のエピソードを取材、それをもとに切り紙を作って軒先に飾り、まちなかめぐりを促進しようとプロジェクトを開始。
震災でそのまちなみのすべてが失われた後、彼女たちが記録した目には見えないまちの人々の切り紙に表わして夏の終わりに飾る活動を続けている。

そのお手伝いをしてくださる方を募集します。

きりこを作る

 

 

 このプロジェクトのリーダーは・・・ 

南三陸復興応援大使
吉川 由美 さん
吉川 由美さん

コミュニティーと文化芸術、観光、医療、教育とをつなげ、アートの力で地域の力を引き出す活動をしている。2010年より、南三陸町の新たな魅力を再発見しようと、町の女性たちと「きりこプロジェクト」を開始。東日本大震災で甚大な被害を受けた同町で、「みんなのきりこプロジェクト」を継続して来た。学校での「未来を歌に」プロジェクト、写真家浅田政志氏によるフォトプロジェクト「南三陸“がんばる”名場面フォトプロジェクトなど、さまざまな機会に文化による支援プロジェクトを展開している。ENVISI代表。

 

きりこプロジェクトについては こちら

 

 おでっての内容 

 

①【8月9日(水)】灯篭飾り
灯篭をさんさん商店街やハマーレ歌津などに飾り付けます。

 

②【8月23日(水)、24日(木)】きりこ飾りつけ
紙のきりこをさんさん商店街やハマーレ歌津などに飾り付けます。
(町内のお家に飾り付ける可能性もあります)
切り紙を飾り付けに行くと、そこでみなさんがいろいろ思い出やエピソードを話してくれます。南三陸の方にお会いできること、お話しすること、それはどんな絶景やごちそうより素晴らしいです。

 

③【9月8日(金)】きりこ灯篭撤収
飾り付けてあった灯篭の撤収作業です。
車1台乗合せで移動するため、4名限定の募集です。

活動概要

活動日:希望日を選択してください
    ①【8月9日】灯篭の飾りつけ
   ②【8月23日(水)、24日(木)】紙のきりこ飾りつけ
    ③【9月8日(金) 灯篭撤収
    お申込み後、受入可否をご返信します。

申 込:必ず2日前までにお申し込みください。
場 所:南三陸ポータルセンター
    9時10分に南三陸応縁団事務局(南三陸ポータルセンター)
    までお越し下さい。
内 容:①8月9日 灯篭の飾りつけ
    ②8月23日or24日 きりこの飾りつけ
  ※おでって中、町内の移動は自家用車にてお願いをいたします。
    ③9月8日 灯篭撤収(1台乗合せで移動します)
人 数:3~4名
受 入:吉川 由美さん
持ち物:昼食、飲み物

 

 

ご宿泊・ご予約はこちらが便利です

南三陸のみんなにあえるたび「みなたび」

初めてご参加される方へ

☆おでって全体の詳細はコチラ
☆Q&Aはコチラ
申し込みはご登録・ログイン後に下記フォームまでお願い致します。
後日、事務局より受入可否・詳細を返信させていただきます。
※post@minasan-ouen.comからメールにてご連絡さし上げます。
 受信できるようご設定ください

記事の続きは団員の方のみご覧いただけます。 既に団員の方はログインして続きをご覧ください。 登録がお済でない方は、団員登録をお願いいたします。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

Return Top