南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

おでってに加え地域課題を学ぶラーニングジャーニー

7月から9月にかけて実施した「ラーニングジャーニーin南三陸」
農業分野6本、福祉分野1本で実施されました。

画像をクリックで詳細(南三陸町観光協会のホームページ)

①講話(産業の現状や課題を知る事前学習の時間)

翌日に控えるフィールドワークの前に、その産業についての導入を行います。
講話前にはその産業のイメージについて記入してもらいます。

この導入があることによって、産業課題を知ってもらい、翌日の作業にどのような意味があるのか、どのようなことが課題解決の一歩となるかなど、考えながらフィールドワークに臨めます。

 

②宿泊(民泊または宿泊施設)

このプログラムは1泊2日で構成されています。
民泊を選択された場合は家庭との対面式を行います。

家族のひとりとして一晩の民泊に出発。南三陸町の暮らしを体験できます。

しかし、時間はあっという間に過ぎ、翌朝にはお別れ式です。

③フィールドワーク(おでって活動)

前日の講話で学んだことを頭に思い浮かべながら、現場を体験します。

④講話またはグループワーク

2日に渡り学習してきた産業について振り返りを行います。
ここでは、最初に持っていた産業のイメージに変化はあったか、また前日の講話で聞いた課題の解決策を発表してもらうなど、2日間の総まとめの時間です。

 

このように1泊2日で実施されるラーニングジャーニーin南三陸。
南三陸町民と交流しながら地域課題について一緒に考えてみませんか?

記事の続きは団員の方のみご覧いただけます。 既に団員の方はログインして続きをご覧ください。 登録がお済でない方は、団員登録をお願いいたします。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

Facebookでコメント

Return Top