南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

新国道45号が開通しました!

新国道45号が開通しました!

2018年3月29日。
長らく建造中であった国道45号が遂に開通しました。
本日“歩き初め式”が開催されましたので、その模様をご紹介いたします。

今回の道路開通や切り替えに伴う変化は以下の通りです。
南三陸マニアな団員さんであれば、位置関係もお分かりいただけると思います。
新しい国道45号が供用されると、その区間は震災前の国道45号と似た道筋に
なります。開通前の迂回路と比較すると、かなりの時間短縮が可能です。
震災前の国道45号と同様に、高野会館の脇を通ります。

テープカットの瞬間です。
保育所の子どもたちにより、風船が飛ばされました。

“歩き初め”のスタートです。
片道約500~600mの行程を往復します。

子どもたちがとても嬉しそうなのが印象的でした。

町長も歩きながら取材に応えます。大変ですね…。

汐見橋~国道45号を進み、水尻橋を渡り終えた段階で片道が終了です。
子どもたち、頑張って歩きました。
TVの取材もいい思い出になるでしょう!

そして15時過ぎ、国道45号が自動車にも開放されました。
長かった迂回路の時代が終わり、本設の道路が完成しました。

本日開通した国道45号、そして国道398号の一部切り替えが行われた
ことで、南三陸町の交通事情は大きく変化しています。
おでってや観光で町にいらっしゃる際は、くれぐれもご注意下さい!

 

 

 

 

記事の続きは団員の方のみご覧いただけます。 既に団員の方はログインして続きをご覧ください。 登録がお済でない方は、団員登録をお願いいたします。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

Facebookでコメント

Return Top