南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

【福興市5周年②】影の立役者たちより全国へ

【福興市5周年②】影の立役者たちより全国へ

今回はスペシャルレポート。

5周年を迎えた福興市の裏側に潜入!

「作り手」の皆さん、そして長くサポートしてくれている皆さんに、
普段聞けない想いを。

突撃インタビューです!

 

☆佐藤 仁 町長☆

P4240456

始めたころは、家もなく、店もなく、売るものもない。
商品を買う人もいない。
そういった状況の中でスタートしました。
全国の皆さんのおかげで、福興市は5周年を迎えることができました。
これからも、商店街の皆さんが先頭に立って、どんどん盛りあげてくれると思います!

縁の下のスーパー力持ち…!
☆南三陸町産業振興課 宮川舞さん☆

地域の方の気持ちがこんなに長く続いて、感無量です。
これも、震災がきかっけで繋がった方の力が、本当に大きいとおもいます。
この5周年が区切りではなく、ここからもっともっと続けるぞ!と身の引き締まる思いです。
一番「南三陸人」らしい顔を見られるのはここですよ!
応縁団の皆さんも仲間に入って、この空気に触れてほしいと思います。P4240387

☆高長醸造元 高橋長泰さん☆

P4240482
よく、ここまで来たな~と。
今日はお天気も良く、最高ですね!
(風が強いけど・・・!笑)
志津川に戻って仕事ができるまで、もっともっとがんばります。
これからもご支援ご協力、よろしくお願いします!

P4240484

町民として、元事務局として、そして出店者として…
☆マルセン食品 首藤史明さん☆

P4240449

正直…ここまで続くとは思いませんでした。
3年くらいかなと。
よくここまでやってこれたな、と思います。
復興しても、「福興市」という名前のまま続いて、風化を防いでくれたらいいと思います。
これからも、続けることが大事です!
どんな状況になっても、笑顔で続けていきたいと思います。

P4240451

一回目から参加しています
☆酒田中通り商店街 佐藤幸美さん☆

P4240458

1回目から参加しています。
本当に良く続いたものだな、と感じています。
実行委員の皆様も毎度毎度本当に良く企画し、がんばってくれました。
1回目は「こんな状況で本当に物を売って良いんだろうか」と思いましたが、
「商売人は商売してこそ元気になる」そう思ってやっていました。
今5周年を迎えた福興市を見て、本当にその通りだった、
商売して元気になる!というのは本当だったな、と感じています。
これからも、来なくてもよいと言われるまで来ますからね!

着物プロジェクトでおなじみ
☆岡山県笠岡 上一枝さん☆

P4240504
2011年7月から来ています。
1回目は宿泊する場所がなく、7月からやっと参加できました。
今は…継続は力なり、まさにそんな気持ちです。
1回目を知りませんが、福興市を始めて、続けてきた人の想いが繋がって、本当にすごいなと思います。
7月は、工場も再建していなかった出店者の方。
自社のものではなく、よそから届いた蒲鉾などの商品を売りました。
皆が「生きてたの?」「あんた今どこに住んでるの?」と、涙を流して抱き合っていました。
目の前のやり取りに、胸が痛みました。
今のこの笑顔は、5年間がんばったからこそあるものだと思います。
町長も言っていましたが、今大変な思いをしている熊本の方も、5年経ったらこんなに元気になれる。
そう思えるように、福興市を作っていきます!
100回たっても、続けるぞ!来るぞ~!

福興市は彼らのパワーで出来ています!
☆南三陸復興青年会のみなさん☆

P4240492

「(5年経って)早いね~~~」(工藤さん)
「(ホタテを焼いて)手がめっちゃ熱い」(山内さん)
「ビール飲みたい」(及川さん)
「この元気が、熊本に届きますように!」(後藤兄弟)

ホタテ焼きでお忙しいところ、ありがとうございました…!

「お待たせしてすみません!今、張り切って焼いてますんで!もう少々お待ちください~~!」という威勢の良い声が響いていました!

記事の続きは団員の方のみご覧いただけます。 既に団員の方はログインして続きをご覧ください。 登録がお済でない方は、団員登録をお願いいたします。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

Facebookでコメント

Return Top