南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

7/6 新さんさん商店街 起工式

7/6 新さんさん商店街 起工式

2016年7月6日、新しい商店街の起工式が行われました。P7060149

正式名称は「南三陸町志津川地区観光交流拠点新築工事」。
「さんさん商店街」は来年3月、仮設から本設に移ります。

いよいよ、新たな地で建物の工事が始まります。

地域の「核」としてがんばった4年間。

オープンから4年と少し。
大雪のあの日を思い出します。
DSCF10152012年2月25日、震災から11ヶ月。
待望の仮設商店街「さんさん商店街」。
懐かしい地元の飲食店や商店が出店しました。

甚大な数のお店が被害を受けた志津川地区。
多くの町民が、仮設商店街の完成を心待ちにしていました。
生活用品の調達が可能になり、懐かしいあの店で、あの味を楽しめるようになりました。

評判は地元の中に留まりません。
ボランティアの方が、「南三陸町の味」で疲れた身体を癒し、
遊びに来てくださった方が、お土産を購入したり。
再開の場、イベントの場に、そして外との交流の窓口になりました。

今となっては連休の駐車場はいっぱい!
お昼時には、飲食店に行列ができます。

第一歩の起工式。
来年の3月、オープンへ!

いよいよ、はじまる本設工事。

3年半ほど前から、国や県、町、出店者の皆様と計画してきました。

ここにできる6棟28店舗。
仮設商店街での経験を活かし、新生「さんさん商店街」を作り上げます。P7060205

「仮設からの出店者も、新規参入の出店者も、一丸となって
日本中、世界中からお客様を呼び込み、地域の核としたい」

そう語るのは、株式会社南三陸まちづくり未来 三浦洋昭 代表取締役社長。

集まった出店者の皆様も立ち会いました。

今度は本設。どんな商店街になるのだろう?

この日はグランドデザインを手がける、建築家 隈研吾さんも参列。

「出来る限り町の木を使い、海と繋がる商店街にしたい。
『美人杉』といわれる南三陸町の素晴らしい材『南三陸杉』を、
触れられる所、目に付くところに使いたい。
目指すのは『あたたかく、やさしい商店街』。
日本中、世界中から注目されるところにしたいです」

P7060211

カッコイイ商店街ではなく、人にとってやさしい商店街。

P7060224

縁側のようなスペースには、ベンチなど安らげる場所が設置されます。
昔の商店街が持っていたような暖かさや交流が生まれます。

高台である利点を活かし、海が見える商店街。
山と海、南三陸町の自慢が繋がります。

建物は全て平屋。
日本風で、昔風なやさしい形
どこかほっとできる、古き良き日本の商店街を思わせます。

P7060229


起工式は、はじまりの式。

建物が出来上がれば、こんどは内装。
何を売る?何を見せる?どんなメニューを出す?
どんなイベントでオープンするか?
オープン後はどうやって楽しんでもらうか・・・

これからが本当のスタートです。

記事の続きは団員の方のみご覧いただけます。 既に団員の方はログインして続きをご覧ください。 登録がお済でない方は、団員登録をお願いいたします。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

Facebookでコメント

Return Top