高校2年生がおでって現場を下見に

アイキャッチ画像はどこの高校でしょうか。

 

 

株式会社農工房・ワインプロジェクト

1月16日応縁団事務局と志津川高校2年生の生徒約30名がおでって現場を訪問してきました。

1つ目の現場は入谷のおでって先。
農工房ワインプロジェクト両方に携わる藤田さんからお話を聞く。農工房が立ち上がった経緯、ワインプロジェクトを始めた想いを聞きました。

ねぎのビニールハウスの隣では、とうきが育てられています。
普段耳にすることが少ないとうき。匂いをかいで薬草ということを実感します。

恋人岬へ

団員の皆様のおでってにより、約3年かけ整備された恋人岬。ここにも訪問しました。

実行委員長の佐藤さんから、明神崎の公園として整備され、たくさんの人が訪れていた当時の話を聞きました。当時は麓の袖浜漁港が自然の海水浴場で、公園は避暑に最適の場所だったとか。

袖浜漁港が整備されると公園を訪れる人も少なくなり、震災後には竹が生い茂り、足を踏み入れることも難しい場所になってしまっていました。

なぜ志津川高校生が?

今回、2つの現場を訪問した志津川高校生たち。
一体何のためでしょうか。

自分が住む地域でも訪れたことのない場所。

2月に向けての下見とのことですが、何が始まるのでしょうか!?

 

フォローする

 


みなたびのご予約・お申し込みはコチラ▼

バナー:みなたび

みなマガ会員登録はこちら▼

バナー:みなマガ