南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

6/9新しい魚市場で、ついに初セリ!

6/9新しい魚市場で、ついに初セリ!

2016年6月9日
震災から約5年3ヶ月。

ついに、新しい市場が稼動しました。

震災前の市場、仮設市場、本設市場

P1220260

南三陸の基幹産業「漁業」。
震災前から、多くの人が漁業を営み、南三陸の食卓にはピチピチの海産物が並びました。

震災前の魚市場
震災前の魚市場

 

魚市場も震災で被災しましたが、
震災の年の10月、仮設の魚市場が完成。
それから4年半と少し、仮設の魚市場から全国へ、海産物が届けられました。

2011年10月、仮設魚市場が完成
2011年10月、仮設魚市場が完成

 

そして、2016年6月。
ついに本設の市場が完成!

ここから全国に、新鮮なお魚が届けられます。

安全・新鮮な力が魚が食卓へ

P1220237

「南三陸町地方卸売市場」はHACCP(ハサップ)対応。(※)
「高度衛生管理型魚市場」として、より新鮮、安心・安全な水産物を届けることができます。

朝早く、トラックからは多種多様な海産物が下ろされていました。

重さを量って・・・

7時からセリがスタート!

P1220278
買い取る業者が決まると、名前が書かれた札が貼られていきます。

福興市やお土産、物産展でおなじみのお店もありますね!

HACCP とは
食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。(厚生労働省ウェブサイトより)

「オレンジ・緑・青」三色の秘密

P1220376

外からみた魚市場は、の鮮やかな彩りが目を惹きます。

これは、町章に用いられているイメージカラー。

緑=未来の空へと羽ばたく鳥、美しい里山の自然
青=未来を創造する新しい波
橙=未来を照らす太陽と、町民の新町にかける情熱

をあらわしているんですよ!

世界中の人に食べて欲しい。
復興の風になれ!

震災から5年3ヶ月経ち、やっと魚市場が再建しました。

でも、町の復旧・復興はまだまだこれから。
そして、水産業の復興もここからが本番です。

大きくはためく大漁旗のように
全国へ、世界へ羽ばたけ!
願うは「大漁」!

これからも南三陸町の水産業を、おいしい海産物を
応縁宜しくお願い致します!

P1220306

☆☆☆落成式の様子はコチラ☆☆☆

Facebookでコメント

Return Top