南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

【町の様子】新しい国道398号線から

【町の様子】新しい国道398号線から


町づくり工事が進んでいる南三陸町。
比較的最新(9月29日現在)の情報をお送りします。
※曇の写真で申し訳ありません

ここは最近新たに切り替わった国道398号線です。
平坦な道路から、再び勾配を上がる形の道路に戻りました。
今日の写真は、主にこの道路から見える風景です。

img_2840

旧道は早速アスファルトが剥がされました。img_2841

頂上まで上るとかなりの高度があります。
まだ土壁ですが、いずれはコンクリート等で補強
されるのでしょうか。
見える風景の角度は違いますが、町民にとっては
どこか懐かしさを感じる“高さ”です。
img_2844

新しい八幡橋の橋脚に、橋桁が架かり始めています。
この撮影の1~2日後には橋桁がもう1本取り付いたため、

現在はもう少し“橋らしい”見た目です。img_2850

この道の奥・右手方向には気仙沼線の志津川駅がありました。
土手の上にホームは残っていますが、震災後に入り口と
なっていた駅舎との連絡口は、草に覆われ姿を隠しています。
img_2849

登米市側から来た場合の、新しい道の終着点です。
ここで旧道と接続します。
防災対策庁舎の献花台の駐車場は、ここを左に
曲がった場所にあります。
img_2852

南三陸町は日々大きく姿を変えています。
ナビ情報も最新のものは表示されにくい状態が続いておりますので、

町にお越しの際はくれぐれもお気をつけ下さい。(NIKE)

記事の続きは団員の方のみご覧いただけます。 既に団員の方はログインして続きをご覧ください。 登録がお済でない方は、団員登録をお願いいたします。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
(最終更新:2016年10月7日)

Facebookでコメント

Return Top