平成28年度南三陸町成人式

1月8日()、営業を終了しつつあるさんさん商店街に、華やかな
着物姿の女性の姿がありました。そう、この日は成人式だったのです。
私も会場であるベイサイドアリーナへと向かいました。


13時30分に開式し、壇上では町長が式辞を読み上げました。
新成人を祝う言葉には、震災から成人する今日この日までの
労をねぎらう思いが込められていました。

主催者から記念品の贈呈です。
実に184人の若者が晴れて成人となりました。


一番感心したのは、彼らが非常に真面目に式典に臨んでいたことでした。
毎年のように報道では新成人の問題行動が話題になりますが、
南三陸町の若者はしっかりと話に耳を傾け、
壇上を見詰めていました。
彼らが東日本大震災を経験したのは中学2年生です。
苦しい経験をしてきた彼らは、既に立派な大人に成長していました。


新成人代表・浅野さんによる誓いのことば。
自分たちを育ててくれた南三陸町に対する感謝の思いを言葉にしていました。


新成人の抱負も読み上げられました。
彼もまた、震災当時壮絶な体験をしています。

南三陸町らしい、とても誠実で清々しい成人式でした。
新成人の皆様がこれから歩まれる道の先に、大きな幸せが

待っていることを心よりお祈りしています。(NIKE)

フォローする

 


みなたびのご予約・お申し込みはコチラ▼

バナー:みなたび

 

みなマガ会員登録はこちら▼

バナー:みなマガ