大正大学とのコラボ成功!

NECネッツエスアイ復興応援マルシェに出展

先日の告知記事で紹介したマルシェのレポートです。
総勢13人の学生、先生に携わっていただきました。

物産展では定番の商品の他に、
(1)「女子大生が愛す❤︎南三陸スイーツ」
(2)「忙しい人のための持続可能なカラダづくり」
の2つをテーマに、大学生目線で選定された商品を並べました。

いざ準備

南三陸町から届いている商品達を開封し、限られたスペースでどう並べていくか相談しながら陳列を進めます。(青いアウターの先生はその様子を見守ります)

スイーツシリーズ

カラダづくりシリーズ

最終ミーティングでしょうか

イベント開始時間からの第1チームの皆さん

陳列も終わり、開始時間を待ちます。

開店

各ブース一斉に呼び込みスタート。

今回のマルシェのために大学生手作りのポップが作成されました。

スイーツは大変人気で、お昼過ぎにはほぼ完売でした。

他のブースを見ても、大学生が元気に呼び込むブースはなく、際立って目立っていました。

離れた場所でも南三陸と関わる

大正大学の先生からは、毎年長期間南三陸町でインターンシップを実施しているが、東京に戻ってからはなかなか南三陸町と関わりを持つことができていなかった。今回のようにマルシェの開催で携わることができると、学生にとってもインターンシップで見つけたことが活かすことができます。

もし記事を読んでいただいて、うちでもやって欲しいなどございましたら応縁団事務局までご連絡ください!

 

 

フォローする

 


みなたびのご予約・お申し込みはコチラ▼

バナー:みなたび

みなマガ会員登録はこちら▼

バナー:みなマガ