南三陸町を応援!南三陸応縁団公式サイト

【仙台駅発着】南三陸町でワークショップツアー

【仙台駅発着】南三陸町でワークショップツアー

■南三陸杉からはじまる価値創造の循環

町の面積の77%を森林が占める分水嶺の町、宮城県南三陸町。2015年、持続可能な森林経営をめざすため、FSC森林認証を取得しました。そして今、この町は豊かな森林資源を活用した価値創出に挑戦するため、南三陸杉のブランディングに取り組んでいます。その理想とする姿は、アナログ・デジタル両方の多彩な工作機械を用いて、個人の自由なものづくりを可能とするネットワーク「ファブラボ」の実現です。今回ご案内いただくのは、江戸時代から代々林業を営む(株)佐久さんと、木材の生産・加工・販売の全てに取り組む入谷Yes工房さん。ツアーでは、美しく整備された森林、廃校をリノベーションした工房から生まれる新しい息吹を体感できます。古くから続いてきた林業をアップデートすべく挑戦するゲストと共に、南三陸の未来を考えてみませんか?

■(参加無料、宿泊費も無料)Re:来人(りらいと)とは

「Re:来人」は「被災地と関係性を保ちながら定期的に訪問する層を増やし、被災地に再び希望の光を灯す」という意味を込め「relight」と掛け合わせた造語で、東北における関係人口増加プロジェクトの愛称です。被災地の課題解決や仕事を通じた関係性を保ちながら定期的に訪問する層(関係人口)の創出を目的として、ワークショップならびにツアーを通じて、地域社会の課題解決をめざしていきます。

事前にワークショップを設けることで、活動している人の「想い」をはじめに知ってもらうことを大切にしています。それから、実際の現場を体感し、地域と交流することで、その「想い」に深く共感してもらいたい。それを通して、みなさまが地域と途切れることのないつながりを持ち帰ってもらうことを目指しています。

すべてのワークショップの参加費、及びツアーの参加費と宿泊費は無料です。集合場所までの交通費はご負担ください。

■スケジュール

①2月15日(金)事前ワークショップ

時間:19:00~21:00
会場:BRIDGE Fujikura Innovation Hub
東京都江東区木場1-1-1 フジクラ東京R&Dセンター7階
最寄駅:東京メトロ東西線 木場駅
※アクセス:http://www.bridge.fujikura.jp/access/

【テーマ:出会う】「南三陸杉を活かした新たな挑戦を知る(仮)」
ゲスト
佐藤 太一(さとう たいいち)氏  株式会社佐久 専務取締役
阿部 忠義(あべ ただよし)氏  南三陸復興ダコの会 事務局長

19:00 開会  
19:15 講話 「生産現場と消費者がつながる、新しい林業のかたち」 佐藤 太一氏
  講話 「地域資源から南三陸町の雇用をつくる」(仮) 阿部 忠義氏
19:55 ミニ
セッション
「南三陸とのつながり方を探る!」(仮)  
20:35 ツアー詳細の紹介  
20:55 閉会  

※ワークショップのみの参加も可能です

②2月23日(土)、24日(日)南三陸町ツアー

2月23日

9:25 集合 仙台駅東口バスターミナル
11:00 南三陸町役場見学  
12:00 昼食:季節料理 志のや(仮) ※食費として1,000円頂戴します
13:00 FSC認証林見学  
15:30 ワークショップ とんとん積み木
16:30 Yes工房見学  
18:45 チェックイン (南三陸まなびの里いりやど)
19:00 交流会  

2月24日

8:30 チェックアウト  
9:00 ワークショップ 「南三陸杉と私たちのこれからを考える」(仮)
13:00 昼食:さんさん商店街 自由食・各自負担
  お土産購入タイム  
16:00 解散 仙台駅東口バスターミナル

宿泊先:南三陸まなびの里いりやど 宮城県本吉郡南三陸町入谷鏡石5−3

※ツアーのみの参加も可能です
ご参加可能な方:現在、宮城県以外に居住されている方

■こんな人におすすめ

・関係人口・交流人口の拡大について関心のある方等
・地域デザインやストーリーづくりに関心のある方等
・震災をきっかけにしたつながりから新しいビジネス創出に関心がある方等
・地域資源の活用に興味のある方等
・林業や森林資源の活用に興味のある方等

■お申込み&その他

このツアーは南三陸応縁団および南三陸町観光協会が実施するものではございません。

募集母体は以下の通りとなっております

主催:復興庁
企画運営:NEC ソリューションイノベータ株式会社
旅行企画実施:株式会社Ridilover 東京都知事登録旅行業 第2-6698号

お申込み、注意事項、お問い合わせは

Re:来人ホームページ
https://www.newtohoku.org/relight/

からお願い致します。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

Facebookでコメント

Return Top